2010年12月19日

家庭決算書のソフトに対するコメント



    家庭決算書のソフトに対するコメント
 
1、人生は面白いさん
2008年11月05日
   http://omosiroi.sblo.jp/article/22459890.html
家計簿ソフトにガッカリです
本屋に行けば家計簿や手帳が並ぶ季節になりました。
     

私も今使っているのとは違う家計簿ソフトを試してみようと
家庭決算書という家計簿ソフトを試してみました。
一年間1200円ちょっとで使えるソフトです。
数日使ってみて、今日気がつきました・・・
この家庭決算書は2009年版だったんですが、日付が2009年からなんです。
つまり既に販売しているにもかかわらず、いま使うと表示が
2009年11月の表示になってしまうのです。
11月から使い始めて日付が2009年11月になっていたので
「いや、今2008年だから」と日付を直そうとしたら、2009年以前に戻りません。
普通パソコンソフトで2009とか書いてあっても、当然2008年からでも
問題なく使えるものですが、確かにこの家庭決算書も使えます。
使えますが日付が2009年です。
びったり、その年の1月1日から12月31日までしか使えない
という、あまりの融通の利かなさぶりに直ぐに元のソフトに戻しました。
もう少し、普通のソフトなみに使い勝手を良くして欲しいです。


2、質問
この家庭決算書DL版は、複式簿記を応用して作られていると書いてありますが、
複式簿記を使った会計ソフトは通常数万円しています。1年間1,260円と言う価格ですが、
本当に複式簿記を使ったソフトなのでしょうか。


A:
この家庭決算書DL版は、単式簿記の家計簿と違って、一般の会計ソフトと同様、
本当に複式簿記を使ったソフトです。
しかし、一般の会計ソフトと違い、価格が1260円(税込み)と著しく安価に設定してあります。

その理由は、10年、20年と継続して、ご利用いただいた結果、複式簿記を使った
一般の会計ソフトと同じ価格になるように設定しているからです。

また、弊社の家庭用会計ソフト「家庭決算書」は、1年間(1月1日〜12月31日)
使用するものとして作成しております。(給与所得者を対象にした暦年基準)
したがって、「使用期限」があるのではないので、年の途中から使用されたとしても、
12月31日で決算をして、「家庭決算書」を作成します。そして、2008年版、
2009年版と年度ごとに、新たなソフトを1260円(税込み)で購入していただく
ことになります。
年度ごとに別ソフトになりますので、上書きされることなく、年ごとに増えていくこと
になります。
同時に、このソフト「家庭決算書」は、複式簿記を使ったソフトなので、10年、20年と
毎年、毎年、継続して利用できるソフトになっています。。


   2011年(平成23年)版

      初心者用「家庭決算書」XP対応: ダウンロード版が
 
           (株)ベクターに公開されました。

               2011年(平成23年)版

              初心者用「家庭決算書」XP対応

       http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se488003.html
        
                「家庭決算書」XP対応

http://shop.vector.co.jp/service/servlet/Catalogue.Detail.Top?ITEM_NO=SR227001   


 ホームページ

  「家庭経営と家庭決算書」   
   
   http://www.kateikeiei.com/ 


  (日商簿記3級試験)

  依田宣夫の日商簿記3級100%合格目標講座
    
 http://www.geocities.jp/kateikessan/bokikenntei/bokikenntei.html



posted by 依田宣夫 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 利用者のコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック